Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

店長トモについて

インテリア王国店長トモ

初めまして!
インテリア王国グループ店長トモです!

このページでは、ぼくの紹介をさせていただこうと思います。

やっぱりネットで物を買う時って、
「どんな人が運営しているんだろう…」
って気になりますよね。

ぼく自身も、お客としていろんなネットショップを利用しますよ、もちろん。

その時、やっぱりそういう気持ちになりますし、どんな人か分かると安心感も出てきます。

ネットとは言え「人」から買いたいとぼくは思うし、コンピューターがプログラムに沿って自動的に検出した商品をおすすめされても、全く嬉しいとは感じません。

人工知能やAIといったものがどんどん発達していますが、ぼくはなるべく人としてお客様と接していきたいと考えています。

インテリアコーディネーターですっ!

インテリアコーディネーター資格証

※登録番号と氏名は、防犯上の理由で伏せています。

ぼくはインテリアが元々大好きなんですね。

模様替えとかも好きで、新しいレイアウトになった時の新鮮味のある雰囲気が本当に心地いい。

とにかく自分の空間を大事にしたい気持ちが強く、今ぼくが住んでる一戸建て住宅は、動線やほぼ全ての間取りをぼくが決めました。

もちろん設計の専門家に聞きながらですけど、それでも好きなものだから楽しくて楽しくて仕事が手に付かないほどでしたよ(笑)

その後のインテリアを決める段階は、もっと楽しかった。

カーテンやソファ・テーブル・ラグ…

既存の家具以外の「新たに用意する家具選び」は最高に楽しかったです。

そんな勢いで「インテリアコーディネーター」の資格も取りました。

無料相談、承ります!詳細はこちら!

専門家になりたかった

正直言うと、インテリアが好きなだけではなかなか難しい勉強内容が多かったです。

「15世紀から16世紀にかけてのフランスでは○○なインテリアが流行した」とか学んでも、きっとあまり役立たないだろうな…なんて思いながら勉強した記憶があります。

ただ、それでも好きなジャンルだと不思議と記憶できるものですよね。

合格率は20~25%とそこまで高くはありませんが、一発合格!

これでインテリアの「プロ」として、お客様と接することができます。

これはぼくがお客の立場で常々思っていたことなんですね。

ぼくは人工知能ではなく「人」から物を買いたいし、できればその道の「プロの人」から買いたい。

理由は二つあります。

・買い物に失敗したくない
・プロの技が見たい

1~買い物に失敗したくない

これは誰でもそうですよね。

詳しい人にアドバイスしてほしいし、大事なお金をみすみす捨てたい人なんていません。

資格を持っていようがいまいが、詳しい人なら、ぼくは特にいいと思います。

でもネットの場合、喋ることができないので詳しいのかどうかが分からない。

だから資格をとって詳しいことが分かるようにしたいと思ったんですね。

それによる安心感もまるで違います。

ぼくがこうだったら嬉しいというお客様の目線を、そのまま自分が店長としてやろうと思ったのです。

2~プロの技が見たい

ぼくはプロの技を見るのが大好きなんです。

ちょっと意味不明ですね(笑)

例えばテレビで野球を見てたりサッカーを見てたりしたときに、まさにプロだからこその技を見れる瞬間ってありますよね。

スポーツじゃなくても、例えばパティシエが超絶テクニックでチョコレートを飾り付けていく様子とか、切り絵の達人が下書きもせず超複雑な龍を作っていく様子とか…。

そういう「プロ」を感じる瞬間がぼくは大好きで、ゾワッと鳥肌が立つんですよ。

まさにプロによって感動を届けてもらった瞬間ですよね。

「自分もそういう立場になって人を感動させたい」

どんな分野でも、プロとして人に喜んでもらうことは、人間として本当に嬉しいことだと思います。

だからぼくはインテリアのプロとして、少しでも多くの人に喜んでもらえるように頑張ろうと思いました。

その中から少しでも感動が生み出されれば本望ですよね。

まとめ

とまぁ、長~い文章でした。

読んでくれた方、本当にありがとうございます。

これでも3分の一くらいに収めたつもりなんですよ、実は(笑)

ぼくはインテリアコーディネーターとして、お客様に喜んでもらいたい。

心地いい空間になる喜びを提供したい。

ただ、人それぞれ心地いいと感じるニュアンスは、本当に千差万別なんですよ。

時に喜ばれ、時にお叱りを受け、少しずつでも成長していくことができれば、いつかは多くの人に感動を届けることができる「プロの中のプロ」になれるのではないかと思い、日々努力しています。

こんな暑苦しい人間ではありますが、どうぞこれからもごひいきに、よろしくお願いします!

新着商品

ページ先頭へ戻る