Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「すのこベッドフレーム」

「すのこベッドフレーム」の商品一覧

すのこベッドの特徴

すのこ仕様ベッドの最大のメリットは通気性の良さです。
日本は先進諸国の中でも群を抜いて湿度の高い国。
ベッドは欧米から伝わったものですが、すのこは日本独自のもので、まさに日本の気候に合わせて作られた形状のベッドと言えます。

すのこベッドのメリット

床板がすのこになっていると、寝ているときにかいた汗が重力に従ってマットレスに行き、その湿気をスッとベッド下に逃がすことができます。
お部屋の元々の湿気はベッドの周囲全体にありますが、寝汗による湿気のほとんどはマットレスに方向に進みます。

ですのでベッド周りで最もカビが生えやすい部分は「マットレスの裏と床板」。
その部分の湿気をスムーズに逃がしてくれるのが、すのこ床板の大きな役目です。

ちなみに、夏場より実は冬のほうが湿度が高くなる傾向にあるのも事実。
夏と違って窓を開けない冬は湿気の逃げ道がなくなり、乾燥対策やウイルス対策にと加湿器を付けたりしますよね。

布団の重ね着で汗の量も夏場と同等。
冬は乾燥する季節なのでつい見逃しがちですが、冬の寝室は思っている以上に湿度が高いので要注意です。

すのこベッドのデメリット

すのこ床板のデメリットは強度が弱い点
すきまを作る以上、確実に弱くなります。
ベッド用マットレスを使えば、局所的に荷重がかからず分散されるので全く問題ありません。

敷き布団を敷いて寝ると割れやすくなるので注意が必要です。
敷き布団を使いたい場合は、敷き布団が使えるすのこベッドを選べばOKですよ。

ページ先頭へ戻る