Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「クイーン・キング」

「クイーン・キング」の商品一覧

クイーンベッドの選び方

クイーンのサイズ感

クイーンサイズは幅が160cm前後のベッドで、セミシングルサイズを二台並べたサイズ感。
大人二人が余裕をもって寝られる広さがあり、小さな子供との添い寝にもピッタリです。
ダブルサイズだと少し狭く感じる夫婦や、小さな子供と3人で寝たい家族におすすめです。

また、クイーンサイズの大きなマットレスにするか、セミシングルのマットレスを2枚並べるかによって、使い勝手が変わります。

マットレスが一枚の場合はダブルベッドの大きい版という感じになり、揺れが伝わりやすい点に注意が必要。
揺れにくいポケットコイルにするのがおすすめです。

二枚に分かれるときは、中央に境目がある点に気を付けることが大事。
好みの寝心地にできるのが利点ですが、真ん中に子供が寝る場合は、タオルなどで隙間をなくすのがポイントです。

クイーンのメリット

クイーンベッドのメリットは、やっぱり大人二人がゆったり寝られる広さ。
ダブルサイズだと案外ゆったりできないので、夫婦ともに広く寝たいタイプの場合は、特におすすめです。

マットレスを分ければ、同じベッドながらお互いの好みの硬さを選ぶこともできます。
一枚のマットレスの場合は、搬入に要注意ですよ。

クイーンのデメリット

デメリットは、種類が少ないこと。
フレーム・マットレス・リネン類など、いろんなものの種類がクイーンサイズからグッと少なくなってしまいます。
好みのタイプがあればデメリットにはなりませんが、国土の狭い日本では、あまり普及されにくいサイズと言えますね。

スペースをとってしまうのも、デメリットの一つ。
広い寝床なので当然ですが、スペースを大きく使ってしまいます。

種類の少なさは、予め好みのフレーム・マットレス・カバー類があるかチェックすることで大きな問題はありません。
スペースに関しては、収納付きにすれば寝室を広く使えますし、ローベッドにすれば圧迫感なく置くことができますよ

キングベッドの選び方

キングのサイズ感

キングサイズは規格の上では一番大きなサイズで、幅が180~200cmにもなります。
シングルベッドを二台並べたのと同じサイズで、大人二人と子供が寝ても、まだ余裕がある大きさです。

お互いの睡眠を重視する夫婦や、家族みんなで寝たいファミリーに、特におすすめ。
大きいベッドは見た目にも威風堂々としていて、シングルを並べた時にはない高級感がありますよ。

ベッドフレームは組み立て式なので、多くの場合、搬入の心配はありません。
一枚もののマットレスは梱包サイズが大きくなる可能性があるので、経路を確認しておく必要があります。

圧縮梱包できるマットレスなら、小さいので搬入の心配はありません。
また、シングルマットレスを二枚並べて使う場合も、搬入の心配はそれほどないですよ。

キングより大きいサイズは、二台連結できるベッドにすることで実現可能。
最大で「ダブル(幅140cm)×2=280cm」くらいの大きさにすることもできます。

キングのメリット

  • ・広いベッドで寝られること
  • ・家族みんなで寝られること

これがキングベッドの一番のメリット。
大柄な夫婦でもゆとりをもって寝ることができます。

小さな子供なら、夫婦+子供二人で寝ることもでき、家族の寝室にも使いやすい大きさ。
高級感もあり、見た目にも満足の寝室になります。

キングのデメリット

種類はグッと減ります。
フレーム・マットレス・カバー類どれも少なく、あまり選べないのがデメリット。
好みのタイプがあるかどうかが大事になりそうですね。

シングル二台分とほぼ同じ大きさなので、6畳のお部屋だと3分の2くらいが埋まってしまいます。
大きいので圧迫感も出やすく、8畳以上の広めのお部屋に置きたいところ

収納付きにすることで他の収納家具が不要になり、スペースを広げられるかもしれません。
また、ローベッドにすることで圧迫感をなくすことができますよ。

ページ先頭へ戻る