Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「ソファ」

「ソファ」の商品一覧

ソファの種類の選び方とメリット・デメリット

ソファを選ぶときは、最初に種類をある程度決めておくと選択肢が絞れるのでおすすめ。
種類は次のようなタイプがあります。

  • ・スタンダードソファ
  • ・カウチ・コーナーソファ
  • ・ローソファ
  • ・ベンチタイプ
  • ・ソファベッド

スタンダードソファ

スタンダードソファ

一般的な横長のソファ。
当たり障りないのがメリットでありデメリットでもあります。

スムーズにお部屋に馴染みやすく、無駄にスペースを使うこともありません。
迷ったらスタンダードなタイプにするのがおすすめです。

カウチ・コーナーソファ

カウチソファ

コーナーソファ

L字になっているソファ。
上がカウチで、下がコーナーソファです。
カウチは正面を向いたまま足を伸ばして座れるタイプで、コーナーは囲むように座るタイプです。

スペースを使ってしまうデメリットはあるものの、リラックス感はスタンダードよりもあり、くつろぎ感の大事なリビングに向いている形状です。
種類も多く、人気のタイプですよ。

ローソファ

ローソファ

座る位置が低いタイプで、合わせて背もたれも低くなっています。
視線を遮らないので、お部屋がとっても広く感じますよ。

特にスペースの都合で壁際に置けない配置の場合に、ローソファの開放感が活きてきます。

座るときも立ち上がるときも腰に負担がかかりやすいので要注意。
座椅子の延長のようなフロアタイプのローソファもあり、小さな子供やペットを飼っている家庭に人気になっていますよ。

ベンチタイプ

ベンチタイプ

木枠やスチールの枠にクッションを乗せたスタイルで、木の肘掛けが出ているタイプ。
見た目のオシャレ感は抜群で、置くだけでリビングがワンランク上のスタイリッシュな雰囲気になります

座面の厚みがないタイプがほとんどで、基本は硬めの座り心地。
硬いひじ掛けが出ているので、小さな子供のいる家庭にはあまり向いていません。
インテリア性を気にする人に、おすすめの形状です。

ソファベッド

ソファベッド

基本はソファ、いざという時にはベッドにもなるという使い方が基本。
頻繁にソファとベッドを切り替える使い方は、布団の収納などもあり煩わしく感じるはずです。

  • ・一人暮らしで来客用の布団を用意できない
  • ・よく友達が泊まりに来る家庭

などにはピッタリな機能。
意外とおしゃれなタイプも多く、万が一、来客の布団が足りない…ということがないよう保険をかける意味でソファベッドにするのも賢い選択と言えそうですね。

より詳細なソファの選び方はこちらを参考にしてください。


ファミリー(3~4人家族)向けソファ特集 コンパクトな一人暮らし向けソファ特集 子供やペットに使いやすいソファ特集 L字ソファ特集!おしゃれで使いやすい6モデル こたつに合わせやすいソファ特集 雰囲気がグッと良くなるおしゃれなソファ特集

「ソファ」の人気ランキング TOP5

ページ先頭へ戻る